準確定申告も相談できる

通常の確定申告の場合、その年の1月1日から12月31日までの所得状況を、翌年の2月16日から3月15日までの申告で行うことになっています。では、年の中途で亡くなった人の確定申告はどうすればいいのでしょうか。

亡くなった人に代わって行う確定申告を準確定申告といいます。準確定申告は確定申告すべき人が亡くなってしまって、確定申告をする人がいなくなってしまった時に、相続人が代わりに確定申告することをいいます。

準確定申告は、被相続人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの所得について算出し、相続開始があったことを知った日から4ヵ月以内に行わなければなりません。

準確定申告は申告書記載終了後に手続きを行うことになります。準確定申告の提出先は被相続人の住所地の税務署になります。既に亡くなった人の確定申告をする場合、税理士に相談することができます。ご自分で行うこともできますが、申告ミスがあったり訂正が必要になってしまうと余計、時間と費用がかかったりしてしまいます。慣れない場合は税理士に相談するほうがスムーズです。初回無料相談を行っている税理士などに順確定申告の方法で分からないことなどは気軽に相談することもできます。

相続税の計算・申告

相続税の計算は相続財産を評価するところから始まります。そして、種々の計算式や決まり事などを踏まえ、各相続人の納付すべき相続税額を計算します。相続税の計算は税理士に依頼する方がスムーズです。計算方法は素人では難しいと考えられ、専門家にアドバイスをしてもらったり、委託して相続税の申告をしてもらうことがおすすめです。

相続税の計算の基礎となるのが相続税の課税価格になります。この段階で間違ってしまうと、後々の相続税額が異なってきますので注意します。相続税計算には、相続や遺贈などで取得した財産の課税価格を算出することから始めていきます。課税価格は国税庁の財産評価基本通達に基づく評価方法によって評価するという方法で、相続した財産を課税時期の時価で評価します。そして、相続税の課税価格は財産を取得した人ごとに計算することになります。

算出された課税価格をもとにして相続税総額を計算していきます。そして、相続財産の課税価格から基礎控除額を差し引いて、定められた計算式を用いて税額を計算します。そして、続税の総額を基にして各相続人が税務署に納付すべき税額を計算します。その額に基づいてその後、申告が行われていきます。

相続相談なら税理士へ

相続では、多くの書類作成や手続きを決められた期間内に行わなければなりません。自身で行うことも可能ですが、もしも間違ってしまって後から修正申告をしなくてはならなくなってしまったりするとたいへんです。最初から税理士に相続の相談をすると、全て任せてしまえるので、気が楽になります。

自身で申告をする場合は、相続税の申告手続きについて知っておく必要があり、複雑な土地評価なども知っておかなければなりません。税理士に依頼すると、様々な特例を活用してもらえたり、適正な土地評価による申告を行ってもらえ、自身で申告する相続税より申告額が少なくなる場合もあり、総合的に考えると、自身で申告するよりも時間も労力も少なくてすみます。

相続税の計算や申告を行う場合は相続財産を評価する必要があります。様々な計算式やルールに基づいて、それぞれの相続人の納付する相続税額を計算していきます。計算方法は素人では難しいと考えられたりしますので、相続税の計算は税理士に依頼する方がスムーズです。

また、亡くなった人に代わって行う準確定申告なども任せることができます。準確定申告は、確定申告すべき人が亡くなってしまい、相続人が代わりに確定申告することをいいますが、被相続人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの所得算出を行い、相続開始があったことを知った日から4ヵ月以内に行わなければなりません。計算ミスの内容に税額を算出し、期限までに申告を済ませるなら税理士に相続相談する方がスムーズです。