相続税の計算・申告

相続税の計算は相続財産を評価するところから始まります。そして、種々の計算式や決まり事などを踏まえ、各相続人の納付すべき相続税額を計算します。相続税の計算は税理士に依頼する方がスムーズです。計算方法は素人では難しいと考えられ、専門家にアドバイスをしてもらったり、委託して相続税の申告をしてもらうことがおすすめです。

相続税の計算の基礎となるのが相続税の課税価格になります。この段階で間違ってしまうと、後々の相続税額が異なってきますので注意します。相続税計算には、相続や遺贈などで取得した財産の課税価格を算出することから始めていきます。課税価格は国税庁の財産評価基本通達に基づく評価方法によって評価するという方法で、相続した財産を課税時期の時価で評価します。そして、相続税の課税価格は財産を取得した人ごとに計算することになります。

算出された課税価格をもとにして相続税総額を計算していきます。そして、相続財産の課税価格から基礎控除額を差し引いて、定められた計算式を用いて税額を計算します。そして、続税の総額を基にして各相続人が税務署に納付すべき税額を計算します。その額に基づいてその後、申告が行われていきます。